つれずれなるままに、日々読んだ本や思うことについて書いてみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーバード流 キャリア・チェンジ術
ハーバード流 キャリア・チェンジ術ハーバード流 キャリア・チェンジ術
(2003/05/17)
ハーミニア・イバーラ、宮田 貴子 他

商品詳細を見る

 原題は「仕事をしていく上でのアイデンティティ:あなたのキャリアを作り直すための型破りな戦略」です。

 この本に出てくる人々は皆、同業種の他社に移籍しようという転職とはちょっと異なり、大学教授から経営コンサルタント、医師から仏教の僧侶など大きく仕事を変えている人達です。一体どうすればこのような大胆な仕事の選び方をするのでしょうか。またどのような心境の変化が起こるのでしょうか。

 著者はキャリアチェンジについて調査し、これら多くの人がたどるプロセスについて教えてくれます。

 週70時間労働は当然と言う会社の姿勢に疑問を持ち、パーティで知り合った人から声を掛けられて職を替わることを決意します。しかし職を変わった人々は、この何かが違うと思い始めてから、実際に決断するまで実は2~5年ほど掛かっているのです。

 転職を考え始めると、仕事への情熱は冷め会社や同僚との繋がりは痩せ細り、家族や周囲の人は変化することを怖れて抵抗し、自分の居場所がどんどん無くなって行くように感じます。
そんな時この苦境を乗り越えた人たちは、大きく外に目を向け、新たな友人を見つけ、そこで力を得て、次のアイデンティティを確立しています。そうしてアンテナを張り巡らしていると、徐々に古い人間関係から自立し新しい環境へと飛び込む準備が進み、このとき初めて新しい仕事が掴めるのです。

 新しい仕事に就いてみると、それでも賃金や人間関係で後悔をする人がいるかもしれません。しかし、著者は、それ以上に後悔するのは、転職を考えつつも行動せずに人生が過ぎてしまった人だと言います。

自分の価値観が変わってしまったとき、きっとこの本の39人のエピソードが貴方を勇気づけてくれることでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

いつまでもデブと思うなよ
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
(2007/08/16)
岡田斗司夫

商品詳細を見る

 173cm、68Kg。なのに私がこの本を手に取ったのは、ある人から
「これは単なるダイエット本ではない。意識改革に関する本だ。」と聞いたからです。

 痩せたい××したいと言う思いはあれど、最後まで達成できない。そんな経験をした人は少なくないでしょう。始めは順調なのに突然に出くわす壁。なんとか一撃ニ撃を与えるも、壁はびくともせず乗り越えられない。

挫けそうになった自分をそこで待っているのは2つの道。
ここで諦めるか、もう一度チャレンジするか。
気力が尽きそうなときにもう一歩踏み出せと内なる声がして来ます。そんな苦しい状況で立ち上がる勇気を分けてくれるのは他でもない記録メモ。

レコーディング・ダイエットと名付けられた方法論に沿って成果を上げていきます。自らの行動を記録し、無意識の敗因を意識化することにより自然と結果が出てくる。その過程を数値として、一歩退いて見ることの出来るように残すことにより挫けそうな自分を客観的に再評価でき、大きな自信を呼び醒ましてくれます。

 ダイエット以外の仕事や恋愛なんかで自分を見失いそうになったとき、この本にある「助走・離陸・上昇・巡航」のプロセスを自分の楽しめるペースで展開できれば、きっと願いは叶うでしょう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
ここのブログが半年以上更新できなかったのは、ひたすら仕事に追い立てられていたから。仕事以外まったくプライベートの時間が無く、ただ納期を守るという義務感だけで走り切ろうとしました。鬱になりそうなぐらい追い詰められていたんですが、そんなときに出会った本がこれ。
仕事を少しでも早く終わらせプライベートな時間が欲しいと手に取ったのですが、書いてあった内容は想像とは異なり 良い意味で裏切られました。
本当に自分に必要なものは何か!?余裕が無くなれば無くなるほど見落とがちになる問いですが、これこそが時間管理の本質。自分自身を知っていれば どんなにしなければいけないことが多くても大丈夫。この本にある自分自身に気付くすべを実践していくうちに、自分の中に平穏な心が取り戻されていくのが実感できました。追い詰められる前に読むべき1冊。殿堂入りです。
TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究 TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
ハイラム・W. スミス (1999/01)
キングベアー出版

この商品の詳細を見る
見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
ちょっと自由に使える時間が増えたので、ゲームばかりしていますね。
第2弾は『見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング』。

これで鍛えていたら普段、なんとなくぼけーと眺めていた景色がしゃきっとするかも。ちょっとした空き時間に手軽に楽しめるミニゲーム、良いですね!!

見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング 見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング
Nintendo DS (2007/05/31)
任天堂

この商品の詳細を見る
ゼルダDS 夢幻の砂時計
謎解き最高!!
子供のころに宝島を読んでわくわくした、そんな感覚を思い出させてくれて本当に楽しいです。タッチペンで自由に操って、地図にはヒントをガシガシ書いて、すべての漢字メッセージにはふり仮名が付く、もう小学生の男の子なんかにピッタリ。謎などの仕掛けは、昔クリアしたスーファミ版『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』よりちょっと簡単でした。
GC版の『風のタクト』でがっかりした猫目のリンク(主人公)も、実際にDSで動いているのを見る意見が180度変化。ウルウル涙目になったり驚いてみたりこれはかわいいです。この癒し系の雰囲気は女性にこそお勧め。

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
Nintendo DS (2007/06/23)
任天堂

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。